トップ>二度目のポルトガルへ

 二度目のポルトガルへ 

テキスト ボックス:  
ジェロニモ修道院
ポルトガルは二度目になるが、日本人と気性がよく似ており、魚をよく食べる。大航海時代の日本とのつながりも近親感がある。リスボンではベレンの塔(1520年建設)、発見のモニュメント(1960年建設)、ジェロニモ修道院(マヌエル1世が1500年代建設)、ベレン地区は大航海時代(西アフリカ、ブラジル、アジア、日本(1541年))の雰囲気を感じる、当時の人ではエンリケ航海王子、ウ“アスコ,タ“,ガマ、マゼラン、フランシスコザビエルが居る。

 

テキスト ボックス:  
シントラの宮殿

もう1つの関心事は、アズレージョ(装飾タイル)である。アウ“エイロ駅舎にあった外壁、内装と建物とマッチしたアズレージョをもう一度見たかった為だった、残念ながら今度のコースより外れたので見られなかった。アズレージョの歴史はイスラムの中東やペルシャで生まれ、14世紀スペインより伝わる。グラナダのアルハンブラ宮殿を王が見て参考にしている。シントラ国立宮殿には当時の素晴らしいアズレージョがあり1718世紀大量生産される。

 1755年リスボン大地震で街は破壊し6日間の火災にあい、ポンパル公爵により再建され、現在の街はその後建設された、現在ポンパル公爵広場に像が建っている。
 ポルトガル、スペインとイスラムに征服され、レコンキスタ(7181492年)イベリア半島の再征服活動、ウマイヤ朝、西ゴート王国の征服アストリアス王国の建国、1492年グラナダ陥落でキリスト教国家が再征服したので色々な建物に、イスラムとキリストの交じり合ったものが、多数実在している。
スペインに行った時、グラナダのアルハンブラ宮殿を見たときデザインが素晴らしいと感じた。

 

テキスト ボックス:  
トマールのキリスト修道院
 トマールのキリスト修道院はお城のようなデザインで、イスラムとキリスト教のデザインが融合している、内部には美しいアズレージョがある。近くのオビドスは、城壁に囲まれた小さな町であるが、ローマ時代か水道橋が近くにある。イスラム教徒より1148年に取り返したが、美しい小さな町で王妃イザベルに贈り以後代々の王妃の所有と成った、以前来たとき天気が良く、白い壁が印象的で所々の花が素晴らしかった。今日は東南アジアの気候のように、雨が降ったり晴れたり変動が激しく変化する、城門(ポルタ,ダ,ビラ)には内部に18世紀のきれいなアズレージョが素晴らしい青と白が奇麗だ。

 

 




テキスト ボックス:    
サンベント駅
              サンベント駅


今回の旅では期待のアズレージョの一番奇麗な所はポルトのサンベント駅だった。内部ホールで周囲の壁に絵的なアズレージョがありエンリケ航海王子が大きな壁面に戦いの様子がある、所々にアクセント的にデザインタイルも非常にきれいで黄色,,白とすばらしい。アズレージョの制作は一人の人が絵を描く様な作業で作り上げているので、大変な時間が必要で建設は大変なことである。

 

テキスト ボックス:  
ドンルイス一世橋
 ポルトでは一番の景色はドンルイス一世橋を入れた歴史地区であり世界遺産になっている。

ポルトガルにはあちこちにアズレージョがあり、スペインでは絵的アズレージョは見かけなかったがデザインタイルは沢山あった。ポルトガルの産業はよく解らないが人口1000万人国土も日本より少ないが昔と違い観光客が、現在年間1000万人で観光国に成っていて世界遺産があちこちにある。

 日本も沢山の観光客が来る様になり、日本人として自国の観光は大変な時代に成ってきた。

テキスト ボックス:  
コインブラ大学

コインブラには日本でいう東大が観光コースに成っている。建物を説明し古い図書館が一番の見所である、大学は1290年リスボンよりコインブラに移転し現在2万人の学生がおり日本人も30人いる様だ、川から見る大学が丘の上にあり、景観が良い。

 

 

ポルトガルの言葉で、オブリガートとはありがとうですが、

ありがとうはポルトガルより来たのか?

テキスト ボックス:  
アルコバサ修道院
テキスト ボックス:  
ポルト





■事務所:神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷3丁目 1番1-306(ブランズ本郷台)
■設計室:神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷1丁目15番2-407(長嶋本郷台マンション)
◆個人の健康を考え、余生を楽しめる施設を設計します。
◆地域の文化をデザインに取り込み、いつまでも思い出が残る施設を設計します。


UL5キャッシングCopy right 2001 Motozuka All Rights Reserved
事務所創設昭和54年5月
有限会社 元塚設計本文へジャンプ 
◆3世代(子供〜高齢者)にわたって一生住めて、使いやすい建物を設計します!
◆耐用年数・経済効果(エネルギーの使用を少なくする)を検討します!
TEL:045-891-8392
FAX:045-894-7391
Mail:motozuka@kvf.biglobe.ne,jp

TOP
会社概要
業務内容
実施例
求人情報 

リンク
お問い合せ
表彰歴
コンペ歴
旅行記