UL5キャッシングCopy right 2001 Motozuka All Rights Reserved
事務所創設昭和54年5月
有限会社 元塚設計本文へジャンプ 
◆3世代(子供~高齢者)にわたって一生住めて、使いやすい建物を設計します!
◆耐用年数・経済効果(エネルギーの使用を少なくする)を検討します!
TEL:045-891-8392
FAX:045-894-7391
Mail:motozuka@kvf.biglobe.ne,jp

TOP 会社概要 業務内容 実施例 求人情報 

トップ>三回目の故宮博物院と中華料理、台湾訪問

 三回目の故宮博物院と中華料理、台湾訪問

日本が台湾を統治したのは、日清戦争1894年開戦1895年下関条約調印から、その後、50年間大東亜戦争が終わるまでである。
当時、台湾は未開の土地で主要な道路の建設、水力発電の為のダムの建設、米の作付け及び貯水池の建設、伝染病撲滅のための衛生施設、病院、医学大学の建設等、近代化の為の諸作を実行されていた。

今回、台湾を電車とバスで一周した。ガイドさんの説明では日本人の名前が出てくることもあり、花蓮より台南に行く途中で新高山(玉山)があることの説明があった。太平洋ハワイ真珠湾攻撃ニイタカヤマノボレ1208で有名な山である。

台南の広い範囲でウナギの養殖池があったが、日本に輸入している中国産ウナギのことか、 中国本土での食用なのか良くわからなかった。

1949年、蒋介石の国民党政府は共産党軍(毛沢東)により、南京陥落し紫禁城の財宝(全体の1/4程度)と共に台湾に逃れる。
中国歴代王朝の至宝を持つ者が中国の支配者と言うことで、蒋介石が台湾に持ち込んだ。1933年北京、上海、南京1948年台湾に。故宮でのメイン展示物は清の翠玉白菜 肉形石であるが、私のあまり好みではなく、白磁、青磁、粉青、黒、花とある磁器製品が 一番の楽しみであった。形と色は今でも受け継がれている。私の好きな黄色のぐい飲みを見つけ購入、花蓮では大理石(オニックス)のぐい飲みを購入した。
台湾ではもともと住んでいた人を、本省人といい、蒋介石と共に来た人は外省人と言う。また原住民も住んでいる為、宗教は沢山ある。現地の人達の中には日本語を喋れる人もいた。
とても親日的であり、東北の地震の時にはすぐに200億集められ送られて来た。
元国民党党首、李 登輝は本土とは別の中国と、国民党の主張だったが現在は 馬 英九党首が一つの中国と主張している、国民支持率は9%になっている。

本土よりの観光客は故宮で大変な数になっていた。また、写真撮影は禁止されていたのだが平気で撮っている人が多くみられた。中国の物と思っていたりするのだろうか。
台北ではフリーでホテルの近くの食堂に行く。食事に来ている人達は会社員風の人達が多かった。注文の際、日本語の話せる店員がいたので大変ありがたかった。 缶ビールでつまみ4品と牛汁麺を楽しく食事が出来、美味しかった。

日本に帰り「日本人と台湾」洋泉社を読み歴史がわかり親日的な所が理解できた。

旅行記 コンペ歴 表彰歴 お問い合せ リンク

◆個人の健康を考え、余生を楽しめる施設を設計します。
◆地域の文化をデザインに取り込み、いつまでも思い出が残る施設を設計します。
■事務所:神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷3丁目 1番1-306(ブランズ本郷台)
■設計室:神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷1丁目15番2-407(長嶋本郷台マンション)