UL5キャッシングCopy right 2001 Motozuka All Rights Reserved
事務所創設昭和54年5月
有限会社 元塚設計本文へジャンプ 
◆3世代(子供~高齢者)にわたって一生住めて、使いやすい建物を設計します!
◆耐用年数・経済効果(エネルギーの使用を少なくする)を検討します!
TEL:045-891-8392
FAX:045-894-7391
Mail:motozuka@kvf.biglobe.ne,jp

TOP 会社概要 業務内容 実施例

トップ業務内容地球環境を考える>地球上に緑化の推進

 
■地球上に緑化の推進

 地球温暖化の影響で自然界のバランスが崩れ、ヒートアイランド現象も
 深刻になっています。その対策として、緑化がさかんに検討され、
 建物の屋上や壁面に緑化を行っています。

1.ヒートアイランド対策になる。

2.CO2削減の効果がある。

3.日射熱を遮るため、省エネルギー効果がある。

4.自然との調和で雰囲気が良くなる。




 壁面緑化
植栽選びのポイント

①生育旺盛で、面的な広がりが早い。
②植物の姿や緑化状態が美しい。
③害虫害が少なく丈夫で、メンテナンスが簡単。
④乾燥に耐え、やせ地でも比較的よく生育する。

以上をふまえると『つる植物』が一番良い


 ※常緑のイタビカズラやヘデラ類は成長が比較的遅いため、
  メンテナンスが少なくなります。フェンス・アーチ・壁面等
  さまざまな場所に緑化できます。



 屋上緑化

屋上緑化の考え方 
教育施設: 小中高校は、遊び・情操教育・授業の場として活用。
大学は、小中高校と同様の使い方や
それ以上に憩い・休憩の場として活用。

文化施設: 休憩・鑑賞・飲食等できるスペースとして活用。

商業施設: 上記と同様
ただし、5階以上のデパート等は屋上を
避難広場としており植栽計画には慎重に
行う必要がある。

個人住宅: 鑑賞・園芸・栽培の場、自然に親しむ場として活用。

集合住宅: 鑑賞・菜園・雨水の灌養の場として活用。
バルコニーも活用できる。


※植物の大きさによって、土壌を確保する必要がある。
 最近セダム緑化が注目を浴びています。
 特徴:①乾燥に強い
     ②数cmの薄い土壌でも育つ
     ③メンテナンス費用が少ない


※屋上・壁面緑化を推進するため、各自治体が
 費用の助成をする取組みが行われています。

 ■戻る


旅行記 コンペ歴 表彰歴 お問い合せ リンク

◆個人の健康を考え、余生を楽しめる施設を設計します。
◆地域の文化をデザインに取り込み、いつまでも思い出が残る施設を設計します。
■事務所:神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷3丁目 1番1-306(ブランズ本郷台)
■設計室:神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷1丁目15番2-407(長嶋本郷台マンション)